3月の相談集計結果

今年3月の1カ月間に東京ユニオンに寄せられた相談件数は187件(うち派遣相談は32件)。1か月の件数としては東日本大震災で相談が殺到した昨年3月(166件)を上回り、過去2年間で最多となりました。
性別では男性91件、女性96件で女性のほうが多くなっています。
相談内容別にみると、最も多かったのはこれまで同様「解雇・準解雇」で62件、次いで「いじめ・ハラスメント」29件、年度末であることを反映してか出向・配転や人事考課などの「人事関連」の相談が前月より10件増えて23件となっています。
大手企業での人員整理がニュースで紹介されるようになっています。雇用情勢は厳しさを増しているようですが、残念ながら大手メディアではあまり注目されていないようです。
こうした中、社会を閉塞感が包み、公務員などへのパッシングが喝采を浴びています。
しかし、誰かをパッシングしても私たちの環境は良くなりません。それどころか、過度な公務員の削減は公共サービスの低下につながり、結果として生活に悪影響を及ぼすことになります。
パッシングをしている人は、パッシングをすることで注目を集めることもありますが、それはその人が優秀であることを示す指標にはなり得ません。
「優秀」とは「優しさが秀でている」と書きます。今の社会に必要なことはパッシングではなく、他人を思いやる優しさでつながりあうことだと思います。
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR