スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の相談集計結果

今年5月の1カ月間に東京ユニオンに寄せられた相談件数は144件。依然として100件を上回る件数で推移し、昨年9月からの9カ月間で1239件に達しました。
相談内容別にみると、最も多かったのはこれまで同様「解雇・準解雇」で51件、次いで「いじめ・ハラスメント」30件などが多くなっています。昨年9月からの9カ月間の「いじめ・ハラスメント」に関する相談件数は218件。これは「いじめ・ハラスメント」に関する昨年7~8月までの1年間の相談件数215件をすでに上回っています。
相談内容をいくつかご紹介すると、規模も業種もまったく異なる2社で「リストラ部屋への異動を命じられた」という相談がありました。
いずれも人員整理が目的と思われます。しかし、東京管理職ユニオンで取り組んでいるリコーユニオンもそうですが、相談を聞く限りにおいて、この2社で「リストラ部屋」のような対応が本当に必要なのかは疑問が残るところです。
「何とかしたい!」と思ったら、心が折れてしまう前に具体的な対策が必要です。
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。