スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知っているようで知らない!?「春闘」の基礎講座(その2)

●春闘とストライキ

組合員:私が学生のころは春闘の時期にストライキで、よく電車が止まった。学校が休みになるのでラッキー!って喜んでた。当時は、春闘ってどの会社も必ずやるもの、春闘のときには電車は止まるものって思っていた。

たっちー:私鉄などは、今でもストライキ権を確立して春闘に取り組んでいるから、駅やバス停にストライキで止まることがあるかもしれないというお知らせが掲示されていることがあるよね。

組合員:なんで、どの組合もストライキをやらなくなっちゃったんだろう?

たっちー:うーん、難しい質問だね。でも、労働組合が行うストライキは、労働運動であると同時に社会的な影響力を持つ運動でもあると思う。その意味で、東京ユニオンも自らの反省を込めてだけど、労働運動が弱くなっているということだよね。
特に公共交通機関などは影響が大きいだけに、社会的な支持を得られないとやりづらいかもしれないね。

組合員:たしかに最近は、給料は上がらなくてもしょうがない、と思っている人も少なくない。そんな中で、ストライキなんてことになったら、怒り出す人がたくさん出そう。

たっちー:非正規で働いている人は時給制であることが少なくないから、ストだろうがなんだろうが、働く日が減ればその分、手取り額が減るのでより理解を得にくいかもしれないね。

応援よろしくお願いいたします!↓
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。