全国ユニオン主催「雇止めホットライン」報告~来所相談もあり、充実したホットラインに

3月2〜3日の2日間にわたって、全国ユニオン主催の「雇止めホットライン」を開設しました。
年度末での雇止めが懸念されることから、毎年、同時期に実施しています。今年はテレビなどの報道がなかったため、比較的静かな2日間でしたが、それでもインターネットをみたという方からポツポツと相談が寄せられました。来所の相談も複数件あり、なかなか充実したホットラインになりました。
 今後は、ホットラインの2日間以外に寄せられた相談も含め、今年の雇止めの傾向を分析しようと考えています。
 今回は、2日間に寄せられた相談から、いくつかをピックアップして概要を紹介します(掲載に当たっては本人を特定できないように加工しています)。
【男性/40歳代/製造業/契約社員】
 上司から「評価が低い」との理由で雇止めを通告された。
【男性/40歳代/製造業/派遣】
 派遣元が「クーリング期間を取りたい」との理由で、3月末での雇止めを通告された。寮には4月10日ごろまでいていいと言われたが、その後の住まいがない。
【女性/40歳代/事務/派遣】
 同じ派遣先に8年間派遣されて働き続けている。昨年派遣先の指示で派遣会社を変更したが、今年になって雇止めを通告された。ショックで働けない。
【女性/ 50歳代/事務/正社員】
 入社のときにみた求人票よりも賃金が安かったので問い合わせたら、いったん引き上げられたが、その後また下がった。評価といっているが、振り回されているようでストレスになっている。
【女性/?歳代/?/正社員】
 パワーハラスメントがひどく、1週間後に休職をする予定。このまま退職したくない。
【女性/40歳代/事務/契約社員】
 派遣から契約社員になった。「ずっと働いてほしい」などといわれていたが、雇止めを通告された。
【男性/?歳代/研究職/契約社員】
 更新を続けて10年になるが、次の契約は更新できないと言われた。
【女性/40歳代/事務/派遣】
 契約書は専門26業務となっているが、実際には適合しないまま7年間勤務。3月末で組織変更を理由に雇止めを通告された。
(東京ユニオン機関紙 GU3月号より転載)

応援よろしくお願いいたします!↓
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR