スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンプライアンスの意義

先日、このブログでユニオン結成通告のときの話を書きました。
ユニオン結成のきっかけはいろいろ。比較的多いのは、会社で長時間のサービス残業を始めとしたいわば違法状態が恒常化し、それに耐えきれなくなっていることです。さらに、よく話を聴いてみると、許認可が絡む企業の場合、事業そのものに影響を与えるような違法が恒常化していることもあります。
日常的に相談を受ける中で、労働法を順守している企業は、その他の法律も守られていることが多く、労働法が順守されていない企業はその他の法律もおざなりになっているという印象を持っています。その意味で、労働法はその他の法律の順守度合いを示すメルクマールかもしれません。
しかし残念ながら、経営者の中には「残業代なんて払ったら、会社が潰れちゃう」「有給休暇のことを考えたくないから、パートを雇ったのに」などという考え方、場合によっては「どんなときにいつ誰を解雇するかは、社長が決めるんだ」と考えている方もいるようです。
法律が守らない状態が恒常化すると、働いている人は「一所懸命に働いても、どうせこんなもの」などと考えるようになります。その結果、どんどんやる気が失われ覇気がなくなっていく…こんな会社は意外に多いような気がしています。
さらに、日本社会全体に沈滞したムードが広がっている原因のひとつに、法律が守られない状態が膨張・拡大したことによる労働条件の地盤沈下にあるのではないかという気もしています。
これを解決するためには、個々の働く場で法律の趣旨を理解して、一歩進めた取り組みをしていくことが望まれます。
そのために必要なもの、それはやっぱりユニオンだと思っています。
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。