スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人は我慢強い?

相談に来られた方の中には、話をしているうちに涙をぽろぽろこぼし始める方もいます。
日本社会には、依然として「悲しみ」などのネガティブな感情を表面に出すことを好まない傾向があり、相談に来たときにそれがふっと緩むのかもしれないと思っていました。
「日本人は我慢強い」
今回の東日本大震災で、このようなことを聞くことが多くなった気がします。
しかし、本当にそうでしょうか?
「がんばろう、日本」や「日本はひとつ」などのナショナリズム的な合唱の中で、悲しみを忘れて前を向いて歩くことを強要しているような違和感を持っていました。
もちろん、がんばること、前を向いて歩くことは、とてもすばらしいことですが、その前提となるのは、悲しみを悲しみとして受け止めて、悲しむときに思いきり悲しむこと、なんだろうなぁ…という示唆を7月8日付の毎日新聞「特集ワイド」での精神科医・野田正彰さんの記事からいただきました。
今度、東京ユニオンの事務所もあるユニオン運動センターに野田正彰さんをお招きして講演を聞く機会ができました。とても、楽しみです。このブログでもちょっぴりレポートしようと思っています。お楽しみに!
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。