スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有期契約の法制化に向けて(問答解説)①

組合員 「今さら」というか、「やっと」というか…だけど、有期労働契約に関する法律ができそうだって聞いたけど、どうなってるの?
たっちー 以前、労働基準法の改正について労働政策審議会(公労使の三者構成で労働関係の法律案の方向性をまとめて大臣に案として提出することなどができる機関)が意見をまとめるときに「就業構造全体に及ぼす影響も考慮し、有期労働契約が良好な雇用形態として活用されるようにするという観点も踏まえつつ、引き続き検討することが適当」(2006年12月27日)とされていたんだ。これに基づいて、厚生労働省労働基準局長が学者を集めて「有期労働契約研究会」をつくって、報告書をまとめた。現在、その報告書をベースに厚生労働省の労働政策審議会労働条件分科会(以下「分科会」)で話し合いが行われているんだ。
組合員 どんな内容で話し合われているの?
たっちー 先日、有期労働契約に関するこれまでの分科会での議論を中間的に整理した事務局案が提出された。事務局案は①有期労働契約の機能や実態、②有期労働契約の締結及び終了、③契約期間中の処遇や雇用管理等、④1回の契約期間の上限等―の各論点について、検討の背景や問題の所在、労使の意見などをまとめている。
組合員 中間的な整理がでるってことは、話し合いはうまくいってるのかな?
たっちー 残念ながら、あまりうまくいっていないみたい。傍聴した人の話では事務局案が出された途端に、それまで黙っていた経営側の委員が大騒ぎしたり…って感じだったらしい。こうした場に出てくる経営者の言動って、品位を疑うものが多い。嘆かわしいね。
組合員 じゃあ、有期労働契約を規制する法律はできないのかな?
たっちー 何らかの方向性は示されると思うけど、いつ、どんなものができるのか…。前途多難だね。
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。