スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働組合をつくろう!

個別の争議が注目を集めることが多い東京ユニオンですが、実は同じ職場で働いている複数名が東京ユニオンに加入して、毎年春闘交渉などを取り組んでいる、いわゆる「職場支部」が20以上あります。
また、最初にユニオンに加入したのが一人であっても、できるだけ職場内で仲間を増やしていく取り組みを進めていくようにしています。こうした取り組みを行わないと、気がつくと職場の中で、組合員がぽつんとひとりきりで孤立することになってしまうからです。
それに、労働組合の王道はやはり自分が働く職場をより働きやすくしていくこと。これはひとりではできませんからね。
とはいえ、職場はさまざまな人間関係や思惑が渦巻く場。一言で仲間づくりといっても簡単には進みません。
それに、最近は雇用形態の多様化や労働条件の個別化が進み、まさに「隣は何する人ぞ…」という状態で、職場に人間関係が希薄化。同じ職場で働いている人が、ばらばらに相談に訪れることもあります。
このため多くの職場支部は、残念ながら少数派組合であることが多いのが現状です。
しかし、昨年の年末から約半年間に、過半数に迫る職場支部(約50人)がひとつ、職場の全員が東京ユニオンに加盟する職場支部がふたつ(各々約20人)結成しました。
研究者の中には、ユニオンを「個別紛争の処理機関」のように思っている方もいるようです。しかし、少なくとも東京ユニオンでは、今後は職場の中できちんと長期的に労使関係をつくっていく取り組みが「主」になり、「個別紛争の処理機関」としての役割が「従」になっていく方向です。
「職場に労働組合がないので、つくりたい」
「自分たちだけで企業内労働組合をつくったけどうまくいかない」
「労働組合をつくりたいけど、何から手を付けていいのかわからない」
などという相談は大歓迎!
特に不利益変更を食い止めるには、職場に労働組合をつくらなければ難しいのが現状です。是非、一度、ご連絡ください。
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。