スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の相談集計

2011年8月の1カ月間に、東京ユニオンに寄せられた相談件数は109件。7月連続で100件を超えました。
性別でみると男性が61件、女性が48件。相談の傾向として『解雇・準解雇』が最も多いのはこれまでどおりなのですが、社員の1割以上あるいは数百名以上規模でのリストラがらみの相談が目立ちました。
相談が来た順番から追ってみていくと、500人規模の退職勧奨(情報サービス業)、社員の15%対象指名解雇(プラスチック成型)、グループで1600人の希望退職(精密機器)、700人の希望退職、といった具合です。
依然も触れましたが、円高や株安の影響が水面下で確実に広がっていることの表れかもしれません。引き続き、注視していきたいところです。
この他、通年で一定数寄せられる「これってウチ(ユニオン)に相談することかな?」って思うような相談が目立ったのも8月の特徴でした。
具体的には「同僚を本人が不本意だと思っているあだ名で呼んでしまった。本人の知るところになったらどうしよう?」「同僚と口げんかをしたが、懲戒解雇になるか?」などというもの。
こうした相談は、日常的に社内で上司や同僚とのコミュニケーションが取れている職場であれば、わざわざユニオンに相談してはこないでしょう。雇用形態の多様化、人事制度の個別化などによって、職場の人間関係が希薄化していることの表れととらえることもできるのではないかと分析しています。
依然、相談に来たパートで働く女性が「夫に相談すると『そんなに嫌なら(仕事を)辞めればいいじゃないか』と言われるのがわかっているので相談できない」と話していました。
3.11の東日本大震災を機に「絆」が見直される昨今。身近な人同士がもっとつながっていければいいなぁ、と思います。
ちなみに、相談データのとりまとめをやっていただいているのは、相談員の中尾さん。10月8日の東京ユニオンの定期大会に向けて、1年分の相談のとりまとめを行って頂いております。こちらもブログでも紹介する予定です。お楽しみに!
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。