雇用労働者としての終わりに

最近、定年退職後の雇用延長に関する相談が増えている。
また、60歳以上の高齢者からの相談も多くなってきたように思う。
日本はもはや高齢社会で60歳以降も働いている人が増えているわけだから、こうした方々からの相談が増えるのは当たり前といえば、当たり前ではある。
しかし、相談内容が解雇や雇止めに関するものだと、いわば雇用労働者としての終着駅になることも多く、受け答えもより慎重になる。
現在、雇用延長に関わる交渉をいくつか担当している。そのうちの1社は、親会社を定年退職する社員の受け皿としても機能してきた子会社のケース。自分から退職の意思表示をしなければ70歳まで働けていた。しかし、今後は65歳までに変更すると一方的に通告。形式的には1年の契約を更新し続けて働いているため、来年以降に65歳になる人、すでに65歳を超えている人については、来年の契約は更新しないと告げられた。
定年後に65歳まで働ければいいじゃないかとも言われそうだが、長時間働いているわけではないし、賃金だって決して高くない(年収で200万円をやや下回る程度)。若い社員が、困っているときには、先輩として多少無理をしてでも惜しまずにフォローしてきた。実際、現場からはいなくなると業務に支障が出ると、不安を口にする社員も出てきた。それなのに会社は、来年雇い止めの意向を変えようとしない――ということで東京ユニオンに加入して、会社と交渉をすることになった。
ユニオンに加入したのは、全員親会社を定年退職した社員ばかり。大学卒業後に新卒で親会社に入社して働き続けてきた。
そんな人たちがサラリーマン生活の終わりに、気持ちよく会社を後にできないというのは、なんだかやりきれない。私でさえ「やりきれない」と思うのに、会社はなんとも思わないのだろうか。
高齢者がいると若年者の採用が滞るなどという言説に惑わされてはいけない。人間だれしも齢を取る。その意味で、高齢者の問題は、決して高齢者だけの問題ではない。今の高齢者に対する処遇は、現在の若年者が高齢者になったときに受けるもの、いや今食い止めなければ将来はもっとひどくなると考えたほうがいいだろう。
日本の多くの企業は良くも悪くも、愛社精神や仕事に対する愛着のようなものによって支えられてきたところも少なくないのではないか。もちろん、それを100%肯定するつもりはないし、払しょくされていく必要もあるだろう。
しかし、愛社精神や仕事への愛着を持って働いてきた人たち、しかもまじめに働き続けてきた人たちが、追われるように泣く泣く、あるいは後足で砂をかけるようにして職場を去ることは、やっぱりやりきれないと思うし、会社にとっても決して望ましいことではないはずだ。
サラリーマン生活の終点を笑顔で迎えることができるか否かは、高齢社会である日本の企業が、社員をどう遇しようとしているかを示すメルクマールのひとつかもしれない。
スポンサーサイト
プロフィール

書記長・関口

Author:書記長・関口
東京ユニオンは働き方などにかかわらず、一人でもだれでも入れる労働組合です。ひとりで悩まずにご相談ください!
電話:03-5354-6251(祝・祭日を除く毎週火・木曜の18時~21時を集中相談に設定しています。お急ぎでない方は、この時間帯にご連絡ください)

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR